色々なお砂糖の種類や違いって?


私たちが普段使っているお砂糖には様々な種類があります。

それぞれ、作り方が違えば成分も違います。

無数に存在するお砂糖の中から代表的なお砂糖について学んでいきましょう。

上白糖

日本で最も使用されている天然甘味料であり、ほぼ日本でのみ使用されている砂糖です。

主成分はスクロース(ショ糖)、ブドウ糖と果糖の混合物である
転化糖と水分がわずかに含まれています。

 

日本では、「砂糖」というと一般的にはこの上白糖を指しますが、世界的に見ると
「sugar」はグラニュー糖を指すので注意してください。

 

上白糖は褐変反応という作用を持っているため、
ほかの糖に比べて焼き色がつきやすくなっています

万能調味料で、何にでも使えて重宝しますが、
焼き菓子などの場合はグラニュー糖が勧められる大きな理由です。

 

100g当たりのカロリー 384kcal

グラニュー糖

世界では最も使用量の多い砂糖です。

上白糖に使われている転化糖を使用していないため、 上白糖と比べて結晶が大きく
サラサラしているのが特徴です。

味にクセがないため、食品本来の味を引き出せるので香りの強いものにおすすめです。

 

グラニュー糖は純度が高いため、砂糖の中でも最高カロリーを誇ります。

100g当たりのカロリー 387kcal

白ザラ糖

一般的に言うザラメ糖です。

スクロースを大きく結晶化させた砂糖です。

 

上白糖やグラニュー糖と比べ、高温に強いため独特の
ガリガリとした食感を残すことが出来ます。

よく目にするのが、綿菓子などに使われています。

 

100g当たりのカロリー 387kcal

中ザラ糖

白ザラ糖に天然着色料で独特の苦みをもつカラメルを混ぜ合わせた砂糖です。

カラメルのほろ苦くまろやかな風味を持っています。

 

砂糖自体に風味を持っているため、料理の風味付けや
醤油と相性がいいことから煮物や佃煮にも使われます。

 

100g当たりのカロリー 387kcal

三温糖

スクロースを分離した際に出る副産物の糖蜜を再利用して結晶させた砂糖です。

糖蜜を三度四度と何度も加熱することから三温糖と名付けられました。

 

幾度の加熱によって自然にカラメル成分が形成されるため、やや黄褐色です。

 

 

三温糖はミネラル分が豊富で体に良いと言われていますが、実際はたいした差も
ありませんので、気をつけましょう。

 

100g当たりのカロリー 381kcal

 

粉砂糖

グラニュー糖などの純度の高い糖を細かく粉砕した砂糖です。

 

よくお菓子作りのデコレーションやアイシングに使用されます。

 

100g当たりのカロリー 386kcal

氷砂糖

純度の高いスクロースを大きな結晶状にした砂糖です。

その名の通り、氷のように見えることから氷糖、氷砂糖と名付けられました。

 

結晶させる工程の違いで、クリスタル氷糖やロック氷糖に分類されます。

 

溶けるのに時間がかかる特徴を生かし、果実酒などに使われたり、

そのまま糖分摂取として食べられたりもします。

 

100g当たりのカロリー 387kcal

角砂糖

グラニュー糖に少々の糖液を練り混ぜ、四角に整えた砂糖です。

 

メーカーにより多種ありますが、基本的に角砂糖1つ当たり4gの重さになっています。

 

風味を邪魔せず、溶けやすいことから飲料に使われることが多いです。

 

100g当たりのカロリー 386kcal

黒砂糖

サトウキビの煮汁から作られた黒褐色の砂糖です。

 

サトウキビ特有の強い風味を持っており、濃厚な甘さを持っています。

糖分は砂糖の中で最も低く80%程度となっています。

また、ミネラル分も多いため、健康食品として扱われることもあります。

 

てんさいから作られた糖もてんさい糖として黒砂糖の1種であります。

 

100g当たりのカロリー 354kcal

和三盆

日本の伝統的な製法で作られるサトウキビを原料とする砂糖です。

製造工程が複雑な上に、寒冷時にしか製造出来ないため、かなり高価な砂糖です。

 

粉砂糖に近いきめ細かさで、淡く黄色がかっています。

くどくない上品な味わいをもつ和三盆は和菓子などの高級材料として使われます。

一般家庭では、あまり目にすることは無いと思います。

 

100g当たりのカロリー 383kcal

顆粒状糖(フロストシュガー)

グラニュー糖を原料とし、空気を多く含んだ顆粒状の砂糖です。

 

とても溶けやすく、冷水にも簡単に溶けます。

ヨーグルトによく付いてくる砂糖がフロストシュガーです。

 

100g当たりのカロリー 386kcal

希少糖

自然界に存在量が少ない単糖の総称です。

有名な希少糖は、キシリトール,D−プシコースなどがあります。

 

名前の通り、希少価値が高くとても高価なものになっています。

また、上白糖の70%の糖分でありながら、カロリーがほぼゼロで、

血糖値の上昇も防いでくれるという魔法のような砂糖です。

 

最近では、研究が進み生産の大量化に向けての動きがあり、注目を集めている糖です。

未だ研究段階ではあるものの、様々なよい効果が発見されています。

当サイトでは希少糖について詳しく解説しています。

 

100g当たりのカロリー ほぼ0kcal

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ