希少糖プシコース入りレアスウィート特定保健用食品(トクホ)申請中


香川大学気象等研究センター、株式会社レアスウィート、国際希少糖学会、

希少糖普及協会、かがわ希少糖プロジェクトなど各社、各協会学会が協力した

グループ株式会社希少糖生産技術研究所は消費者庁へ特定保健用食品を申請しています。

 

認可されるには数ヶ月必要とするため、まだ許可はおりていませんが、

来年度には取得されると思います。

特定保健用食品(トクホ)っていったい何?

mark-tokuho-2このマークを目にしたことがある人は沢山いると思います。

このマークは、企画基準により消費者庁長官が許可をした

特定の保健的効果を表示することの出来る商品に付けられます。

 

トクホの食品はそれぞれ保健の効果が違いますので、自分にあったものを

自分で選ぶ必要があります。 いったいどんな保健効果があるのでしょうか。

 

特定保健用食品の効果

  •  お腹の調子を整える
  • 高血圧に適する
  • 高コレステロールに適する
  • 血糖値を調える
  • ミネラルの吸収を助ける
  • 血中の中性脂肪を抑える
  • 虫歯の抗菌作用
  • 歯の健康維持
  • 体脂肪がつきにくい
  • 骨の健康に適する

などがあります。

 

トクホはより人の健康に良い効果の作用を示す成分を含んでおり、

健康が気になる方を対象とした商品です。

 

医薬品とは違い、病気の治療のために使用するものでなく、

また、多量に摂取することによってより効果が高くなる訳ではありませんので、

適した量を摂取する必要がありますので注意してください。

 

特定保健用食品の基準・審査はとても厳しい

消費者庁のお墨付きマークである特定保健用食品の許可を得るためには、

非常に厳しい査定基準と審査が課せられています。

 

基準にも非常に細かく設けられており、健康への影響を試験されます。

医学的・栄養学的・科学的な根拠を証明する必要があります。

 

ある説では、申請までにかかる費用は1億円を超えると言われています。

各メーカー自身での分析・試験に加え、消費者庁の試験にも通過する必要が

あるため、非常に厳しく取り締まっています。

 

現在、特定保健用食品の表示許可を得ている商品は1142品目あります。

 

希少糖は既に米食品医薬品局(FDA)を取得

250px-Food_and_Drug_Administration_logo.svg アメリカ合衆国の政府機関のFDAは消費者が通常の

生活において接する製品の安全性についての

許可・取り締まりを専門的に行う機関です。

 

トクホとは違い、こちらは 商品の安全性を示すものです。

早ければ、来年後半期には大手飲料メーカーに売り出す方針をたてています。

 

米国では、大きな社会問題となっている肥満社会。

そこに目をつけた松谷化学は米国への売り込みにも力を入れているという。

 

希少糖プシコースの活躍は近いうちに海外でも見えてきそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ